四苦八苦して磨いても、結局虫歯に

川崎誠さん 5歳の男の子のお父さん

 

私には5歳になる息子がいます。

 

子育てをしていく上で、小さい内に虫歯にならなかった子供は、それから一生虫歯知らずだという話をよく聞きました。私自身が子供の頃に虫歯になり、とてもつらい思いをしたこともあって、子供の歯磨きは徹底して行ってきました。

 

しかし、そういう親の思いというのもなかなか伝わらないもので、息子に「虫歯になったら痛いよー、歯医者に行かなくてはいけなくなるよー。」と歯磨きを促すも、自主的に歯磨きを始めることはありませんでした。
やはり、こちらが口でどれだけ言っても、実際に体験して痛い目を見ないことには、なぜそれをする必要があるか?を理解することって、子供には難しいですよね、私自身が子供の頃もきっとそうだったのだと思います。

 

結局、そんな息子の態度に焦れて叱ったり、無理やり歯磨きを始めようとすると本当に嫌がります。
歯磨き自体が嫌いになってしまうと、もう虫歯予防どころじゃなくなるので、そうならないようにいつも気を付けてはいたのですが、あまりにも話を聞かないので、ついつい叱ってしまいますよね、本当に難しい。

 

そして、それだけ四苦八苦して息子に歯磨きをさせていたのに、虫歯になってしまう始末。何故なんでしょう。
虫歯になってしまったのだから、これはもう歯医者に行かなくてはなりませんが、やはり、連れていって治療を受けると泣き叫ぶ息子。
かわいそうだなあと思いながらも、いつの時代も子供が通る道なのだなとも感じました。

 

その後、しばらくの間は歯医者の恐怖からか、積極的に歯磨きをしてくれるようになりましたが、数日経つと元通り。
喉元過ぎれば熱さを忘れるというやつなのでしょうが、虫歯予防は本当に大変です。