子供に歯磨きをさせ始めた頃、多くのご家庭で仕上げ磨きはご両親のどちらかがしてあげているのではないでしょうか。
歯磨きを始めた頃の子供は、まだまだ歯を磨くのは得意ではありませんから、仕上げ磨きを丁寧に行うことはとても重要です。

 

お子さんに歯磨きをさせる場合、まずは自己流で歯磨きをさせましょう。

歯磨きをする癖をつけるためです。
その際、じっくりお子さんの歯磨きの様子を見ておいてください。

 

多くのお子さんが、歯の裏側を磨くのを忘れているかもしれません。そのとき、仕上げ磨きをしながら、歯の裏側まで磨くように声をかけてあげると良いですね。

上手な仕上げ磨きのコツ

 

さて、その仕上げ磨きですが、特に磨き残しが起こりやすい、歯と歯の間や、奥歯を重点的に行います。
決して強い力が入らないように、軽くなでるような力で磨いてください。

 

子供の歯茎は、大人の歯茎よりも柔らかいので、力を入れすぎると傷つけてしまうかもしれません。
1、2本ずつ丁寧に磨くようにしてください。

 

仕上げ磨きをするとき、もしも子供が嫌がるようなら、時間を空けて機嫌が良くなってから再度試してみてください。
嫌がっているときに無理矢理仕上げ磨きをしてしまうと、歯磨き自体に苦手意識を持ってしまいます。

 

お子さんの歯を虫歯から守るためには、この仕上げ磨きを丁寧に行うことが必要になってきます。
なるべくお子さんをリラックスさせて、時間をかけて仕上げ磨きをしていきましょう。
その際、お子さんがストレスを感じないような歯ブラシと歯磨き粉を選ぶことも意識しましょう。