大人から子供に、虫歯菌がうつしていることが多い

3歳くらいまでの子供に、大人が噛み砕いた食べ物を与えたり、口移しをしたり、同じ食器を使うことで、大人の口の中の虫歯菌が子供に移ってしまうというのはご存知の方も多いでしょう。
大人の虫歯菌を子供に移さない努力が大切
昔はそれほど知られていなかったことなので、多くの大人がそういった面での虫歯予防を意識していませんでした。

 

虫歯菌に一度感染してしまうと、一生虫歯菌が口内からいなくなることはありません。しかし、子供の頃に虫歯菌に感染しなければ、その後例え虫歯菌が口内に入り込んでしまったとしても、虫歯になりにくい口内環境でいられるのです。

 

近年、この事実が広く知られるようになり、多くのご家庭で虫歯菌を子供に移さないような対策をしているでしょう。

 

その対策とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。

 

まずは、大人が噛み砕いたものを子供に与えないことが重要です。
3歳くらいまでの子供・・・と言われてはいますが、できれば年齢問わずそういったことはしないほうが賢明です。
また、同じ食器を使うのも3、4歳くらいまでは避けておきましょう。唾液を通じて虫歯菌を感染させてしまうからです。

 

子供にキスをしたくなったら頬にして、口にはしないように気をつけるのも対策になります。
大人の虫歯菌を子供に移さない努力が大切
周囲の大人にも、そういった行為をしないように説明しておけば、なお安心です。
同時に大人のほうも歯磨きをしっかりして、虫歯菌を少なくするような努力をしましょう。
大人の虫歯菌を子供に移さない努力が大切
こういった対策をしたとしても、虫歯菌を完全に排除することは難しいかもしれません。ですが、口内に入り込む虫歯菌が少なければ、歯磨きで虫歯菌を退治することができ、虫歯ができにくい口内環境になります。

 

ですから、子供の頃に大人から虫歯菌をもらってしまうことを防ぐのは、一番の虫歯予防になるのです。