お菓子を与えすぎで虫歯に

kazenootoさん 小学4年生の女の子のお母さん

  

 

今は少し落ちつきましたが、下の娘が2、3年前まで治療してもすぐ、新しく虫歯ができてしまい、困りました。
確かに、その時期はわたしの生活も大変で毎日夜、遅くまで忙しく、寝る前に落ち着いて仕上げ磨きしてあげれる日がマチマチで虫歯が増えても仕方がない気はしました。

 

けれど上の娘は小さい時もそれほど、熱心に仕上げ磨きしたわけでもないですが、あまり虫歯はありませんでした。
体質によるものもあるかもしれません。
また、親の私の生活が忙しいと、ついつい、小さな娘をおとなしくさせるために、お菓子を与えすぎ、つねに口の中に糖分がある状態が続いたのが原因の1つかもしれません。

 

けれど2、3歳の小さなころはまだ、私も専業主婦でゆとりもあったので子どものオーラルケアにも目が行き届いていたので、がんばって、仕上げ磨きなどしていました。

 

しかし、娘はとにかく仕上げ磨きをすることをいやがりむりやり押さえ込んでしか、できませんでした。
とにかく口を開けないので鼻をつまんで口を開けさせて、という毎日で、これは、はたから見ると、虐待なのでは?と悩んだ時期もあり、歯科衛生士さんに相談したり、保育士さんに相談したりしてました。小さなころは、歯ブラシの先がすぐに喉元にとどいてしまうので、オエッと吐きそうな感じになり、苦しいそうで、磨きかたのコツなどを教えていただきました。

 

とにかく、すぐ虫歯になってしまうので、フッ素は欠かさず3ヶ月おきに歯医者でぬってもらってました。
娘の虫歯も少し落ち着いてきたようで、ここ1年は虫歯は増えていません。