歯磨き粉を使った後に食事をするとまずい理由

普通は歯磨きをしたあとに、なにか食べるということはないとは思いますが、たまたまタイミングが悪くて、歯磨き後に何かを食べたり飲んだりしたことがあるという方は少なくないでしょう。
その時に、味がおかしくてびっくりした経験はないでしょうか。
歯磨き粉を使った後に食事をすると変な味がするのは何故なのでしょう。

 

歯磨き粉を使うと食事の味が変わる
これは、ミントなどの香料、サッカリンナトリウムなどの甘味料などに加え、歯磨き粉に含まれているラウリル硫酸ナトリウムという発泡剤が関係しています。
ほとんどの安価な市販の歯磨き粉には、これが含まれているのですが、このラウリル硫酸ナトリウムという物質は、口の中にある味蕾という味を感じる器官の細胞を破壊してしまう性質があるのです。

 

そのため、市販の歯磨き粉を使った後に食事をすると、味を感じづらくなっているため、変な味がするように感じるのです。

 

ラウリル硫酸ナトリウムは、シャンプーなどにも含まれていますが、原料は石油の合成界面活性剤です。

 

歯磨き粉に含まれているラウリル硫酸ナトリウムは微量なはずなのですが、それでもすぐに味蕾に影響してしまうところを見ると、
ラウリル硫酸ナトリウムの体への影響というものが気にかかります。

 

このラウリル硫酸ナトリウムは、歯磨き粉を泡立たせるだけの為に含まれています。
いっぱい泡立つと、きれいに磨けていた気になるのではないかと思いますが、その効果のためだけの成分です。

 

つまり、歯を虫歯から守るためにどうしても必要というものではありません。
歯磨き粉を選ぶときには、そんな不要な上に体に害のある成分は含まれていない歯磨き粉を選びましょう。