研磨剤入りの歯磨き粉で虫歯になってしまう?

スーパーやドラッグストアなどで買える市販の歯磨き粉には、研磨剤というものが含まれています。
成分表に、炭酸ナトリウムやケイ素などといった表記がされていれば、それが研磨剤です。

 

研磨剤とは、文字の通り研磨するための成分です。
やすりのような働きをするというとわかりやすいでしょうか。

 

そういった働きから、歯にこびりついた汚れを落とす効果があります。
しかし、この研磨剤入りの歯磨き粉は、あまり歯に良いとは言えないのです。

 

確かに、研磨剤入りの歯磨き粉は、歯の汚れを落とす効果があります。
しかし、これは歯を削って汚れを落としている形になってしまっています。

 

つまり、微量ではありますが、研磨剤入りの歯磨き粉を使うと、毎回歯が削られていることになります。

 

歯の表面はエナメル質で覆われているのですが、これを研磨剤で磨き続けると、やがてこのエナメル質が剥げてしまいます。
そうなると、知覚過敏になるリスクや虫歯菌が歯の内部に侵入してしまうリスクが増えるため、研磨剤入りの歯磨き粉はおすすめできないのです。
歯磨き粉に含まれる研磨剤について

 

大切なお子さんの歯を守るためにも、歯磨き粉を選ぶときには、低研磨、もしくは無研磨の歯磨き粉を選びましょう。
もちろん、研磨剤が含まれていない歯磨き粉を使うことは、大人の方にも良いので、ご家庭で使う歯磨き粉には気をつけると良いでしょう。
実際、歯科で販売されている歯磨き粉は低研磨か無研磨のものが多いようです。

 

少々値は張ってしまいますが、将来虫歯で苦しむことがないように、子供の頃から研磨剤の歯磨き粉を使わない歯磨きの習慣を身につけましょう。