歯のブラッシングの有効な方法

いくら歯に良い歯磨き粉や歯ブラシを使っても、ブラッシングがちゃんとできていなければ、完璧な虫歯予防にはなりません。

 

特に子供は自分ではうまくブラッシングできる子は少ないでしょうから、ご両親が気をつけてあげる必要があります。
では、正しいブラッシングとはどのようなものなのでしょうか。

 

正しいブラッシング方法は、子供も大人も変わりません。
まず、歯磨きをするときは、力を入れる必要はなく、優しくブラッシングを行いましょう。
特に歯茎が弱い方は、力を入れてしまうと血が出てしまいますから気をつけて下さい。

 

ブラッシングの際には、歯茎のあたりから、優しく上下に小刻みに動かしていきます。
歯磨きのとき、歯ブラシを横にして横に動かして磨く方が多いかと思いますが、縦に持って上下に1本ずつ丁寧に磨いたほうが、食べかすや歯垢が綺麗に取れます。

 

歯の裏側も同様です。奥歯まで、歯の表面、裏側、奥歯はすべての面を、歯ブラシを小刻みに動かしながらブラッシングをしましょう。
虫歯にならないために…正しい歯の磨き方
この磨き方は時間がかかるので、面倒かもしれません。
ですが、歯を綺麗にする効果は抜群です。

 

歯ブラシは、大きなものよりも小さなものの方がおすすめです。
小さな歯ブラシであれば、奥の方の奥歯まで、このブラッシング方法で磨くことができます。

 

歯磨きに時間がかかりすぎると子供は嫌がるかもしれません。
ですが、正しいブラッシングは、虫歯予防に一番大事なことの1つです。

 

ご家庭で工夫しながら、有効なブラッシングをしていきましょう。