なかなか口を開けてくれない

 

stargirlさん : 5歳の男の子のお母さん

 

乳歯が生え始めると同時に歯磨きを始めなければならないのですが、1歳から2歳ごろ、どうしてもきちんと磨かせてくれない時期がありました。今考えるとその頃から本格的な虫歯に少しずつ向かっていたのだと思います。

 

生え始めはガーゼでさっと拭くぐらいにして、前歯が完全にはえてきた頃に歯ブラシに変えてみました。そもそも口の中をいじられるのが嫌なのか、ガーゼで練習していた頃からなかなか口を開いてくれませんでした。それでも必ず毎日するようにしていました。歯の面積も大きくなってきて、歯ブラシに変えてからも、ほんの2、3分もこちらの思い通りに口を開いてくれることがなかなかなかったので、ささっと済ませていました。その頃からすでに、前歯の表面に虫歯らしい茶色の部分が点々とみえていました。

 

3歳になってすぐの歯科検診の時、恐れていた通り、検診の先生にも素直に口を開きませんでした。なんとか口を開いて診てもらったところ、やはり虫歯が見つかりました。しかも、見えていた前歯以外にもひどかったのは奥歯の虫歯でした。見た目は少し茶色がかっているぐらいで、治療しなきゃなぁぐらいに思っていました。
歯科検診の時点で怯えて号泣していて、治療に連れて行ってもきっと口も開かないだろうし、お医者さんに迷惑をかけるだろうと思うとなかなか足が進みませんでした。

 

そんな思いで数か月が経過したある日、急に奥歯の痛みを訴えてきました。ネットで評判の良い歯医者さんを調べ、重い足を引きずりながら連れていくと、見た目以上に虫歯が進行していました。表面上はそれほどでも無かったのですが、内側が大きく虫歯にやられていたようです。神経が死んでいて、根っこの方で化膿していたとのこと。幸い抜歯はせずに、大人の歯が出てくるまで残せるとのことでしたが、また化膿して痛がることはあると言われました。

 

もう一つ幸いだったことは、その歯医者さんが子供に対しての扱いになれていて親身になってくれたことでした。親自身が歯医者を恐れていたことや、子供が泣き叫ぶことを必要以上に心配していましたが、そのせいで虫歯の治療を遠ざけ、悪化に招いていたことを実感しました。

 

 

 

 

 

食べるのは大好きなのに…歯磨きが大嫌い。フッ素は本当にいいのかな?

 

tomoemさん : 2歳の男の子のお母さん

 

乳歯がほぼ全部生えそろいそうになった2歳8ヶ月の息子がいます。他の子と比べても明らかに大きい我が子、やはりそれだけあって、かなり食べます。なのに歯磨きは大嫌い。

 

ちょうどイヤイヤ期も重なり、歯磨きと言っても、歯ブラシを歯にあてることができたら上出来くらい嫌がる時期がありました。
そんな時にちょうど言葉も発達、好き嫌いも増えるわ、今まで食べてこなかったチョコレートや飴を覚えてしまうわで、こちらがホトホト疲れ切ってしまいました。
それでも嫌がるからなんて言ったところで、もちろん歯磨きをしないわけにはいかず、プロレスの技を決めるように無理矢理でも磨いたりしていました。
「今はそういう時期なんだ」と自分に言い聞かせながらも、素直にゴロンと膝に寝て口を開けてくれる日が来るのを信じるしかなくつらかったです。

 

そんな長男が歯磨きをしてくれるようになったのは、同じくらいの年齢の子が楽しそうに歯磨きをしているところを見てからでした。
テレビでも、友達でも、見ている本人は真剣そのもの。「やりもしないのに見るのだけは必死だな」と始めは思っていましたが、息子なりに学習したらしく、「おかあさんといっしょ」の歯磨きの歌を歌ってみると、自分の名前と年齢を言い、まるで今から自分が出演するかのように自然に歯磨きに応じてくれました。
「仕上げはおかあさん♪」と歌うと、それも自然に膝に寝てくれ、大きな口を開けて初めてまともに歯磨きができました。

 

歯磨きはしてくれるようになったのですが、以前ネットで「フッ素は本当にいいのか」という話が載っていました。育児相談などでもフッ素入りの歯磨き粉をと言われますし、我が家でも使っていますが、本当にいいのかな…と不安です。

 

せっかく歯磨きができるようになったので、できる限り虫歯ができないようにしたいと思っています。