乳歯の虫歯を放置しておくと…

子供の乳歯に虫歯を発見しても、どうせ永久歯に生え変わるし・・・と放置していたりはしないでしょうか。
乳歯というのは、不思議なことに痛みを感じにくいため、乳歯が虫歯になってもすぐに気づかないこともあるでしょう。
しかし、乳歯の虫歯を放置しておくことは大変危険なことなのです。
乳歯の膿は永久歯にうつる?
乳歯の虫歯を放置して、虫歯が重症化すると、骨に膿がたまってしまうことがあります。
その状態で歯医者に行くと、乳歯の下にある永久歯を守るために、乳歯を抜くこともあります。

 

膿自体はなくなりますから、炎症などの問題は解決できますが、その代わり抜歯をすることにより、その後ろの歯が前方に移動してきて、歯並びが悪くなってしまいます。乳歯の歯並びは永久歯に影響しますから、できるなら乳歯であっても抜歯は望ましくありません。

 

抜歯を避けて膿を骨の中にためてしまうと、将来永久歯になる組織が傷つけられたり、重症な時には死んでしまうこともあります。
つまり、永久歯に生え変わった時に、歯が弱くなってしまったり、ちゃんと生えてこなかったりということがあるのです。
乳歯の膿は永久歯にうつる?
また、乳歯の膿をそのままにしておくと、その下の永久歯が膿を避けるように移動するため、永久歯に生え変わった際の歯並びに影響がでます。

 

このように、乳歯の虫歯が進行して膿が出てしまった場合の、永久歯に与える影響は多岐にわたっています。永久歯が弱ってしまったり、歯並びが悪くなると、治療も困難になります。
そうならないためにも、いつかは生え変わってしまう乳歯とはいえ、ケアも治療も必要なのです。