予防歯科がおすすめ。正しいブラッシング法なども教えてもらえます。

虫歯を予防するには、虫歯予防に最適な良い歯磨き粉で正しいブラッシングをするということも大変重要ですが、歯医者さんで定期検診を受けるというのも、大事なことです。

 

定期検診では、虫歯がないかどうかの他に、歯周病など他の歯の病気になっていないかや、すでに虫歯治療を行ったことがあれば、その詰め物の具合なども調べていきます。
また子供であれば、歯並びについても見ていくことになるでしょう。

 

虫歯がなかったとしても、もしも虫歯になりそうな歯や、磨き残しのある歯があれば、それも教えてもらえます。
そして、歯が健康だったとしても、希望すれば正しいブラッシング法なども指導してもらえます。

 

歯医者さんで定期的に検診を受けましょう

 

歯の定期検診は、大体3ヶ月〜半年の頻度で受けると良いでしょう。
この頻度で受ければ、もし虫歯ができてしまったとしても軽度ですみますから、治療に苦痛を感じることもなく、安心です。

 

特に小さいお子さんが歯医者に恐怖を感じないようにするためにも、定期的に検診を受けて、歯医者は怖くないものだと思わせておくことも重要です。

 

定期検診に行く歯医者を選ぶときには、予防歯科に力を入れている歯医者を選びましょう。
予防歯科では、虫歯や歯周病にならないための予防に力を入れていますが、こういった歯科では、予防歯科に焦点を置いた定期検診になります。

 

歯医者さんでの定期的な検診と、自宅での適切なケアで、やっと完璧な虫歯予防策だと言えます。
大切なお子さんの歯のため、そして自分の歯のためにも、どちらも怠ることなく励んでいきましょう。